同じ薬剤師でも転職先によって勤務体制が違ってくる

同じ薬剤師でも転職先によって勤務体制が違ってくる

薬剤師は勤務先をどこに選ぶかで、収入や勤務時間が変わってきます。
今回は2種類の勤務先について紹介します。
転職活動中の方は参考にしてみて下さい。
1つ目は病院です。
研修体制が充実しており、様々な研究資料を見ることもできます。
そのため専門的な知識を得るきっかけにもなります。
病院の場合夜勤があるため、勤務時間が長くなりがちです。
それに他の勤務先よりも年収が低い傾向が見られます。
2つ目はドラッグストアです。
ドラッグストアはパートや派遣社員を採用している場合が多く、短時間勤務が可能になっています。
そのため子育てしながら働きたいという方におすすめです。
加えて年収が高い傾向にあるのもメリットの1つと言えます。
ただ正社員として採用されると土日出勤がある、場合によっては薬剤師以外の仕事を行う必要があるため多忙になりがちです。
このように勤務先によって生活が大きく変わるため、自分の状況に見合った職場にこだわって転職活動を行うことが大切であると言えます。

Comments are closed.