人気の犬種はフレブルで決まり!

人気の犬種はフレブルで決まり!

世の中では猫ブームと言われていますが犬だって凄くかわいいですし、毎日一緒に散歩へ行けば運動にもなり、人生の良き友人にもなってくれると言われています。
ですが犬にもたくさんの犬種がありますし、猫と違って大きさや個体差が大きい様です。
チワワやティーカッププードル。
大型犬であればラブラドールやサモエド。
様々な個体がいますが、最近から人気を獲得しているのがフレブルです。
フレンチブルドックの略で、この犬種は大きな口とずんぐりむっくりな身体が特徴的です。
おっとりとしてマイペースな性格の個体が多く、子供はもちろんの事、お年寄りでも飼いやすいと言われているのです。
そんなフレブルですが、一緒に暮らすにあたって注意点や気をつけるべきポイントはあるのでしょうか?また犬は飼い始めに必ずしつけをしなければなりません。
フレブルに対しても同じ事が言えるのですが、そのポイントや一緒に暮らすのが、もっと楽しくなる様な情報を発信したいと思います。

犬種によって掛かりやすい病気?フレブルの場合は何?

フレブルの歴史を少し説明していきましょう。
1700年代にはパリでは闘犬として飼われていましたが、改良を加えていき1900年には貴族の愛玩犬として人気を呼んでいました。
ちょっと怖そうな顔をしていますが、明るい性格と特徴的な身体でどこでも人気者になったそうです。
ちなみにフレブルは意外と筋肉質で運動が大好きです。
その為、必ず1日に1度は散歩が必要です。
屋内での運動だけだと運動不足になりますので、屋外を30分程度散歩させましょう。
また暑さに弱く生まれつき股関節が弱い固体が多いと言われています。
一見かわいくて飼いやすいといわれているフレブルですが、掛かりやすい病気もありますので気をつけなけばなりません。
他にも口蓋裂、眼瞼内反症といった症状にかかりやすいので、フレブルについて詳しく掲載している情報を参考にしましょう。
情報を展開している企業の中には、病気対策だけでは無く保険情報やしつけ、マナー、一緒に暮らす工夫が掲載されている様です。

フレブルから保護?フレンチブルドッグが好きな方は必見

一緒に暮らしたいと思うけれど、ペットショップでは無く保健所や里親から引き取って、少しでも多くの命を救いたい。
フレブル好きな方の中にはそう思っている方もいるでしょう。
そんな方の為に、里親募集や保護犬情報、もし迷い犬を保護した時のハウツーが掲載されている様です。
犬を飼うと決まっていなくとも非常に役立つ情報ですし、この情報を元にすれば殺処分を減らしたり、悪質なブリーダーを減らせるのではないでしょうか。
これはこの犬種だけに限った事ではありません。
飼い主とフレブル、そして全ての動物が幸せに暮らす為の最低限のルールだと言えるでしょう。
それをしっかり熟知した上で、愛犬との生活を満喫して頂ければと思います。

ちなみに地域にあるしつけ教室や、動物病院、困った時の相談窓口を掲載している場合もありますので、犬好きな方は参照して損は無いといえるでしょう。
もちろんフレブルの性格や、おすすめのおもちゃ、グッズなども紹介されていますよ。

Comments are closed.