格安航空券は一人身の国内旅行の味方

7月 28th, 2015

格安航空券は一人身の国内旅行の味方

旅行というのは団体で行くのも良いが、一人で行ってもそれはそれで楽しいものである。

団体旅行と違い、一人旅行は完全に自分のペースで動けるので、衝動の赴くままに楽しめるのである。

急なスケジュール変更だって自分が納得するだけで出来てしまうし、思い立ったらすぐ出発できる。

国内旅行なら現地に不慣れ、なんてこともないので一人でも特に不都合はないし、気楽なものである。

しかし、航空旅行となると普通は国内でも気楽にはいかない。

フライト予約はギリギリでは難しいため、ある程度早めに予定を立てないといけないためである。

ここで出番が来るのが格安航空券である。

格安航空券は価格が安いのは当然だが、サイトで比較・検索して購入手続きに進める現在では手続きや航空会社選びにも難はない。

また、その仕組み上まとめて複数の席を押さえにくいという格安航空券の数少ない泣き所も、一人身なら全く問題ない。

何より、あまり日がない状況でも残席に期待できるので、お気楽なスケジュールにも対応しやすい。

格安航空券は一人旅行にとって、色々とメリットが大きいのである。

急な出張に強い!国内格安航空券

7月 28th, 2015

急な出張に強い!国内格安航空券

急な出張、というのは困るものである。

時期を逃さぬためだったり、緊急の用件が発生したことによるものなので避けられないものなのだが、なにせ出張決定から出発までの時間がないので移動手段をゆっくり吟味などできない。

また、大抵は国内で済むとはいえ、強行軍でスケジュールを組むとコストが嵩んでしまいやすい。

これが飛行機移動の必要な状況だとさらに悲惨で、そもそもフライトを取るのに手間がかかるので鉄道以上に時間がかかる。

しかし、この問題は真正面からフライトを予約しようとすることで発生するものなので、今ならWebの力でコスト問題ともども解消できる。

そう、格安航空券の比較利用である。

格安航空券は仕組み上フライトが近くならないと発生しにくいが、逆に言えば出発が近い状況でも選択肢があるということである。

またWeb限定品が多いこともあり比較・検索サイトが存在するので、チケットがある範囲での吟味もできる。

もちろん正規の購入価格より安い以上、コスト問題は確実に緩和される。

こと国内の急な出張においては、格安航空券の持つ特性がことごとくプラスに働く。

緊急時に備えて覚えておいて損はないだろう。

格安航空券でお年寄りも国内を飛ぶ時代

7月 28th, 2015

格安航空券でお年寄りも国内を飛ぶ時代

日本の航空業界にLCCが本格参入して随分経つ。

国内外問わず、飛行機で移動するのも敷居は大分下がったものである。

こうなると国内移動でも、電車より航空機に乗るという選択肢も取りやすくなるだろう。

特に長距離移動するだけで疲れが体に響くお年寄りの場合、移動時間そのものの短縮に大きな意味がある。

しかし、ことお年寄りが飛行機に乗る場合、LCCを使うのが最善手とは言えない。

安さが最大の売りである以上、快適さやサービスなど価格以外の面でどうしても限界が出てくるからである。

また、多くの場合発着ブリッジがなくバス移動になるので、この時点で疲労は溜まりやすくなるだろう。

そこで、解決策となるのが格安航空券を探す、という方法になる。

現在では出発日近くでのキャンセル発生や、旅行会社が団体で枠を取った際の余りなど様々な事情で本来より格安航空券が存在している。

事情がどうであれ乗る航空機自体は変わらないので、LCCの問題であるサービスや快適さも当然期待できる。

そして、今なら格安航空券をWebサイトで探すこともできる。

国内旅行におすすめの格安航空券

安さのためだけに、身体を痛めてはわざわざ飛行機に乗る意味が薄くなる。

やはりお年寄りの国内旅行には、格安航空券でメジャー会社の便に乗るのが良いのである。

現代のペルシャ絨毯が抱える現実

7月 28th, 2015

現代のペルシャ絨毯が抱える現実

ペルシャ絨毯がとてつもなく古い歴史を持っていて、絨毯としても世界最古にして、ものすごく優秀な民芸製品であるとともに、歴史的な工芸品としても相当な価値をもっているということは、絨毯について少しでも知識があれば、十分に理解できることではないかとは思います。

そうした評価は絨毯という工業製品の世界における、シェアにも如実に影響していて、近年の生産高は世界全体の絨毯市場においておよそ三割程度を占める額を算出しています。

生産地のメッカはイランで、その製造に携わる人口は産出量にくらべるとすくなく、わずか120万人程度と言われています。

しかし、算出先は世界100か国以上とも言われ、世界の手織り絨毯の4分の3を占める割合いのものがペルシャ絨毯として、羊毛をもとに日々織り上げられているのです。

しかし、昨今では安価に模倣した代用品とも言われる絨毯との競争が激化の一途をたどっており、文化としても危機にさらされている事実も懸念されています。

わたしが部屋のインテリアにペルシャ絨毯を選ぶ訳

7月 28th, 2015

わたしが部屋のインテリアにペルシャ絨毯を選ぶ訳

わたしが部屋の内装を選んだり、悩んだりする時には必ずと言っていいほど決めておくべき、いわば「セオリー」のようなものがあります。

それは、部屋の敷物はぜったいにペルシャ絨毯ではなくてはならない、というルールです。

土地や風土が育んだ独特な雰囲気と、高級品と言われる製品ではありましたが、それ以上に感じさせられる人の手の温もり、そうしたものがペルシャ絨毯にはあって、わたしはその感触、肌触り、意匠、温かみに心底まで感じ入って止まないのです。

というのも、あれはわたしがまだ20代の中ごろのことですが、当時のわたしは海外派遣の青年団に所属していて、あらゆる諸国での支援活動を続けていました。

気候や土地ごとのさまざまな水の違いに身体を酷使しながら、わたしのできる限りの努力で乗り切っていたあの頃、わたしの身体を包み込むように癒してくれていたのがペルシャ絨毯でした。

以来、わたしは部屋のインテリアに必ずペルシャ絨毯を敷くようになったのです。

歴史的最古と言われるペルシャ絨毯

ペルシャ絨毯の歴史はとても古く、また人類の歴史上においてもその芸術的価値はまさしく計り知れない存在として、多くの資産家や上流階級の人々によって愛されてきた。

紀元前5世紀もの昔、シベリアのアルタイ山脈はパジリク古墳群とよばれる遺跡から発見された絨毯は、世界でもっとも古い絨毯として、放射性炭素年代測定という手法によって判別した世界最古の絨毯が、古代ペルシア人といえるアケメネス朝ペルシアで作られたものではないか?

と言われていることから、世界で最も古いペルシャ絨毯として知られているものが、現在でも知られている歴史の中で、最古の歴史をもつ絨毯だと言われています。

ペルシャ絨毯を買う

ペルシャ絨毯の意匠における最大の特徴とも言われているのが、四季を表現されたデザインではないでしょうか?

また、唐草模様、アラベスク文様、忍冬文様などに加えて、円形文様、幾何学文様なども、多くの絨毯に採用されている代表的なデザインとして知られています。